茨城県守谷市の無痛整体院やすらぎ 腰痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・股関節痛・膝痛・五十肩・しびれ・オスグット

茨城県守谷市の無痛整体院やすらぎ/五十肩・四十肩・肩関節周囲炎・肩痛と整体

五十肩(四十肩)と整体 守谷の無痛整体院やすらぎ

五十肩(四十肩)は守谷の無痛整体院やすらぎへ
五十肩とは、年齢が40代以上から50代の人に多い肩関節の症状です。
医学用語では五十肩のことを、肩関節周囲炎といいます。

肩の痛みや、動きにくさを訴えます。おこりやすい男女差や、左右差はありません。腕を上げようとすると肩が痛い、手を後ろに回そうとすると痛いなどの症状を訴えます。

肩が痛くて腕が挙がらないあなたへ

「あれ!腕が上がらない.....」ある日突然、腕が上がらなくなる.....

画像の説明

五十肩とは、「肩の関節が固まったようで腕が上がらない」
「肩の痛みが強く腕を上げることができない」など、五十歳前後になるとよくおきる症状です。
最近は、四十歳前後でもおこるようになってきたため、四十肩と呼ぶこともあります。

五十肩は、ある日突然腕が上がらない場合と、徐々に痛みが増して腕が上がらなくなる場合がありますが、ある日突然腕が上がらないことは、事故や怪我(打ち身)などを除けば考えにくい状態です。

ほとんどの場合、少しずつ腕が上がらなくなっていることを気がつかずに、また、腕を大きく上げる動作を普段から行なっていない状態で、ある日大きく腕を上げる動作をしたときに動かなくなっていることに気がつく人が多いようです。

交通事故や転倒など、筋肉(体)に強い衝撃を加えた場合、筋肉が即座に硬直(固まる)しますので、事故や転倒がきっかけで、五十肩と同じ症状になる場合もあります。

急性期はじっとしていても痛く、痛みで眠れない(夜間痛)という人もいます。
慢性期になると徐々に動かせるようになりますが、ある程度まで動かすと痛みが生じます。

何もせずに放っておいても自然治癒する場合もありますが、たいていは病院で治療を受けても、症状が長引くケースが多いです。
右の肩がやっと治ったと思ったら、左の肩が五十肩になったりします。
両肩がいっぺんに発症するケースは少ないようです。

五十肩(四十肩)の原因

五十肩(四十肩)は年のせいだと思っていませんか?

病院では、五十肩がなぜ起こるかというはっきりとした原因は解明されておらず、老化のせいにされてしまう場合がほとんどです。
そして、病院や治療院などで治療を受けてもなかなか改善しにくいのが現状です。

腕を動かす場合、当然筋肉を使うのですが肩は人間の関節の中で最も可動域が広く、また、複雑な動きが出来る場所になります。

五十肩の原因は、肩周辺の筋肉と、肩に繋がる筋肉の緊張によりおこっています。

そして、無痛ゆらし療法では原因の原因を身体の歪み、骨盤の歪みを元に姿勢の悪化(猫背など)が進み、肩周辺の筋肉をより緊張状態にしてしまい五十肩(四十肩)になりやすくなってしまうと考えています。

守谷の無痛整体院やすらぎでは、まず肩周辺の筋肉の緊張をゆるめたうえで、全身の骨格バランスの調整を行ない、肩が上がりやすい状態をつくっていきます。

施術中、痛いことはいたしませんのでご安心ください。

光線療法のページヘ

整体手技のページヘ

整体施術の流れページヘ

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional