茨城県守谷市の無痛整体院やすらぎ 腰痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・股関節痛・膝痛・五十肩・しびれ・オスグット

茨城県守谷市の無痛整体院やすらぎ/氣の巡りがよくなる整体

守谷の無痛整体院やすらぎの整体は氣の巡りがよくなる

images (7)

氣が病む、と書いて病気
氣が元の状態に戻る、と書いて元気

血液が全身にたぎっていく様子をイメージしてください。

いかにもエネルギッシュで、意慾が湧いてこないでしょうか?

脳や心臓といった臓器や筋肉は、血液中に含まれる酸素や栄養素によって活性化し、機能します。

人間のほとばしる生命力は、血液を運ぶ血管の力、血流によって私たちの健康は左右されているのです。

体温も高く、免疫力も高い状態

images (8)

➡体が常に冷えていて、特に手先足先が冷たく感じる。
➡体調が悪いと、いつもより気分が滅入る。
➡肩こりや頭痛がひどいとき、ネガティブなことばかり想像してしまう。
➡生理前にイライラして感情が抑えられない。
➡逆に、朝スッキリ目覚めると、なんだか明るい気持ちで一日が始まる。
➡運動した後、スカッーと爽快感を得られる。
➡おいしいものを食べた後、満たされたような幸せな気持ちになる。

体温が低いと免疫力も低いと考えられる

実は、これらは心と体が結び付き、血流が影響している証拠なのです。

あなたにこんな経験が一つでもあるのなら、そして、あなたが今何か一つでも解決したい不調があるのなら、血流をよくすることは、必ずその役に立ちます。

心と体のすべての悩みの原因は、血流にあるのです。

ふつうは痛みを悪いものととらえて、痛みを取ることをしますが、うちの整体院はちょっと変わっているので、痛みを取ろをとは致しません。

なぜか?

それは、痛みは勝手に改善されていくものだからです。

我々の体には本来素晴らしい回復力があります。

施術により筋肉の緊張を解消し、骨格の位置関係を修正することで、内臓は活発に働き、自己回復力・免疫力を高めます。

また、現代はストレス社会ですので、イライラしやすかったり、自分の身を周りから守るために常に緊張状態にあります。

唯一の安住の地であるはずの家の中でも、心と体を休めることができない、なんていう人もいます。

特に女性は、家庭のため、ご主人のため、お子さんのため、会社のためと頑張りすぎています。

そんなに頑張らないでください。

あなたのお体はとっくの前からSOSサインを出しています。

体の声を聴いてみてください。

なんと言っていますか?

いつも頑張っているあなたにこそ、当院の整体を受けていただきたいのです。

当院では健康増進の鍵として、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを重視しています。

自律神経のバランスが改善されると、血管年齢が若くなり、血流もよくなります。

➡「自分に自信がなくて活動的になれなかった人が、積極的に楽しんで行動できるようになった。」

➡「何度もダイエットに失敗していた人が、無理なく体重を減らすことが出来て彼氏ができた。」

➡「いつもイライラして、家に帰ると家族にあたっていたのが、穏やかになって夫婦の仲が良くなった。」

➡「不妊治療をしても子供が出来なかったのが、妊娠することが出来ました。」

今のあなたの心と体は、過去の蓄積の結果です。今までの生活習慣の積み重ねです。

それを治すのは、あなた自身です。

何より体は正直です。正しい方法で取り組めば、生活習慣をちょっと変えるだけで、血流は必ず増え、良くなります。

たくさんの方の不調と向き合ってきて、みなさん、血流が増えて体が元気になっていくと、心も元気になっていかれます。

心と体はリンクしています。

体の不安がなくなってくると、あんなに暗い顔をしていた人、ネガティブなことばかり訴えていた人が、だんだん表情が明るくなって、口にする言葉が変わっていくのがうれしいです!

 

➡「夜ぐっすり寝られるようになった。」

➡「冷え性で手足が冷たくて夜寝られなかったのが、靴下を履かなくても寝られるようになった。」

➡「風邪をひかなくなった。」

➡「生理痛が軽くなった。」

➡「肩こりがひどくて、頭痛もあったのに、気がつけば頭痛薬を飲まなくなっていた。」

心と体の悩みが解決していくときには、必ず血流が関係していたのです。

女性の体は血が基本(女子以血為本)

「女性の力=血」

血流が悪いことがあらゆる婦人科系疾患を引き起こすとみなすほどです。

あなたの悩みだってその一つです。でも、心配する必要はありません。

血が足りない方は、血を増やせば増やすほど症状が楽になっていきます。

不調や病気というと、子宮の病気、肝臓の病気、心臓の病気というふうに、それぞれの臓器が悪くなったように考えがちです。

しかし、どの臓器もたくさんの細胞が集まったものです。

その臓器を作る細胞一つ一つのトラブルが積み重なって病気や不調がつくられるのです。

人間の体をつくっている細胞一つ一つに、酸素や栄養などを届けるのが血の仕事です。

血を増やして血流をよくするというのは、細胞レベルで体の働きを活性化し、重大な病気や不調になるのを防ぐということなのです。

体を生かすも殺すも血流がすべて

心臓を出た血液は一分間で全身をめぐり、また心臓へと戻ってきます。

この流れが「血流」です。

血液は、全身を流れることで五つの大切な働きをしています。

①水分を保つ

②届ける(酸素、栄養、ホルモンを運ぶ)。

③回収する(老廃物、二酸化炭素を回収する)。

④体温を維持する。

⑤体を守る(免疫力)。

血流をよくするということは、血液がこの五つの仕事をしっかりとできるようにするということです。

血流が良いとあなたの体にある、約60兆個の細胞一つ一つの酸素や栄養、熱を届けてくれ、温かい環境まで整えます。

血流が悪くなると、体の働きは根本から崩れてしまいます。

水分のバランスが悪くなるため、むくむ。

酸素が届かずカロリーを燃やせないために、太る。

老廃物・疲労物質が回収されずにたまるので、肩がこる。

熱が足りないために、冷える。

免疫力が下がるので、病気がち。

血流が悪くなると起きるこれらの症状をよくみてください。

一つ一つの症状は些細なものにみえるでしょう。

しかし血流が悪いと、これらの不調が同時に起こります。

もしかして、あなたを悩ませているその症状そのものではないでしょうか?

そうです。

現代の日本人女性の悩みを作り出しているのは、血流の悪化にほかならなかったのです。

最初は単なるむくみや冷え、肩こりといった何気ない症状でしかないかもしれません。

しかし、悪いことに、これらの五つの不調は、お互いに協力し合って、不調をさらに大きく重症化させていきます。

生理不順、生理痛、不妊、更年期障害などはもちろん、ホルモンや自律神経のトラブル、果てはがんといった大きな病気へと育てていってしまうのです。

体は悪循環の深みにはまってしまいます。

なぜ、私が自律神経のバランスや血流を意識するようになったかというと、それは、体の不調の解消だけでなく、本人の抱えている常識や痛みへの執着といった束縛からの「心の解放」を目的としているからです。

血流をよくすれば、あなたの心も自由になれる

images (5)

血流をよくすれば、あなたの心は安定します。
(体の70%近くは血液やリンパ液などの水分ですので、その循環が大事なんです。)

毎日の生活を穏やかに過ごせるようになるだけでなく、過去の出来事とも向き合えるようになり、嫌な出来事を乗り越える環境を作ることにもつながるでしょう。

からだの束縛を解けば、心の自由が手に入る。

たとえばあなたが、やる気を出そうと思っても、自信を持とうとしても、穏やかでいようとしても、血流の状態が悪いと、体があなたのマイナスの感情へと引きずりおろしてしまうのです。

考えてみてください。

目、口、鼻、手足、心臓.....私たちの体をつくっているのは約60兆個の細胞です。

その一つ一つを結びつけ、生命活動を支えているのは血流です。

その血流の状態がどんな状態かによって、心の与える影響もそれぞれ異なることを。

体が生み出す生理的な変化こそ、感情に影響を与えています。

血流が悪くなれば、マイナスの感情を生み出します。

血流をよくすれば、プラスの感情を生み出します。

私はあなたの心を体の束縛から自由にしてあげたいのです。

血流をよくして体を整えるということは、心にとって穏やかで静かな環境を作り出してあげることと同じことです。

私は、あなたに本当の意味での健康になって欲しいのです。

その場だけが気持ちいい、楽になる施術ではなく、その場の痛みだけを取るような対処療法ではなく、根本的に体質改善をしていきたいと考えています。

そういった思いから、人間の60~70%を占める血液に目を向けるようになりました。

あなたは今の症状が良くなったら何がしたいですか?

images (11)

当院へお越しのクライアント様は、どこかお身体の不調を訴え、日常生活にも不安を抱いて来られます。

一般的な療法院では、症状が良くなったらお終いになります。

しかし、当院に来られるクライアント様の本当の目的は、痛みをとることではなく、その症状が良くなったらやりたいことがあるのです。

人によってはスポーツかもしれないし、仕事や子育てかもしれないし、旅行や趣味かもしれません。

あなたが当院へ来られる本当の目的は何ですか?

あなたの目的はただ痛みをとることだけですか?

痛みがなくなればそれでいいんですか?

そういう方は当院ではなく、病院に行って痛み止めのお薬をもらって飲んでください。

当院では痛みをとることが目的ではないので、どうぞ他を探してください。

今まで湿布やお薬、マッサージなどの一時的な対処療法でよくならなかったのに、また同じ考え方ではどんどん症状が悪化してしまいますよ。

歳だからとか、いろいろ試したけど良くならなかったからとか、あきらめないでください。

あなたの身体には素晴らしい回復力・治癒能力が備わっています。

当院ではお身体の不調を改善へ導くことだけではなく、お身体の骨格や筋肉などのバランスを整え、施術後の日常生活をより過ごしやすくなっていただくために、最大限のお手伝いをしています。

痛みはあなたの敵じゃない!!

むしろ痛みはあなたの味方なんです。

一般的に「痛みは悪いもの」と考えている方がほとんどだと思います。

病院へ行けば痛みを止めるための治療が行われています。

当院へ来る方たちも痛みから解放されたくて来られる方が多いです。

ところが良く考えると、痛みは体に危険を知らせる役割だったり、回復の過程で生じる反応だったりします。

例えば、風邪をひくと熱が出ます。熱というのは体のバランスが崩れた時に調整する大切な働きで、これは子供も大人でもそうです。

熱を出すことで体は血液中の白血球を増やし、細菌やウイルスなどの外敵から身を守ろうとします。

それは熱で体の中の病原菌や毒素をやっつけようとする体の自然な防御反応で、熱(炎症をおこす)をだすことで古い細胞を「破壊」して、健康な細胞を「再生」します。

痛みには痛みの意味があります。

何の意味もなく痛みが生じるわけではありません。

(むしろ痛みはその人にとって大切なことを知らせてくれているサインだったり、体からの重要なメッセージだったりします。)

どうしても痛みが強い人ほど、痛みを敵視し、痛みに対して恐怖感や不安感を抱いてる人が多いですが、痛みが決して悪いものではないということを理解すると、痛みに対する不安や恐怖がやわらぎます。

回復の過程で生じる反応の現れの一つ(あなたの体が頑張っている証拠)だということを理解し、今のその痛みを受け入れてみてください。

そうすると、実際の痛みも軽減します。

不安や恐怖などの感情が痛みを増幅させることが医学的にもわかっています。

ただ、急に今の痛みを受け入れるには無理があると思いますので、「痛みの発生するメカニズム」や「痛みの意味」なども含めて丁寧に説明していますのでご興味がある方はそちらもご覧ください。

痛みに対する見方をちょっとだけ変えて、痛みは敵ではなく、むしろ大切で必要なものであるという見方になった人はどんどん回復していきます。

劇的に改善する人もいます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional